株式会社 国建システム header image 1
株式会社 国建システム

システム、ソフトウェア、Webアプリケーション、IT技術とサービスで沖縄に貢献

Windows Server 2008
Windows Server 2008 新WTSの動作検証


Windows Server 2008新ターミナルサーバーの検証作業を行いました。
先日、VMware ESXiサーバーに追加したゲストOS(Windows Server 2008)にWTSを設定し、検証した内容を記載します!


【WTS設定】
仮想PC(ゲストOS)のターミナルサーバーをセットアップし、リモート接続可能としました。
管理PCからリモートデスクトップ接続を試みましたが、プリンタデバイスを使用するとした場合にエラーとなり強制終了します。プリンタデバイスのチェックを外すと問題はありません。
リモートデスクトップ接続
Windowsエラー


仮想PC端末のWindows Server 2008に、新しいターミナルサーバーサービス(TS Remote App)を
インストールして動作検証しました。
TS Remote Appは、ターミナルサービスを介してアクセスされるプログラムで、
クライアントのローカルコンピュータ上で実行されているかのように見えます。
クライアントPCからTS Remote Appプログラムを利用するには、
TS webアクセス、rdpファイル実行、スタートメニューまたはデスクトップから実行する方法があります。


TS Remote AppのTS webの利用設定を行うと、クライアントPCのwebブラウザから
「http://(ターミナルサーバー名)/ts」にてTS Webアクセスが可能となります。
WTSウェブアクセス


TS Remote AppのWindowsインストーラーパッケージを作成し、クライアントPCでインストールすると、
スタートメニューまたはデスクトップから実行することができます。
アイコン


パッケージインストール後
アイコン2
ペイント


【感想と課題】
感想:WTSは、プリンタデバイス接続でエラーとなるものの、ローカルPCに無いソフトウェアを実行できるため利便性が高い。またTS Remote Appは、アプリケーションソフトがローカルPCで動作しているように見えるため面白いと感じました。
課題:WTSのリモート接続でプリンタデバイスを使用すると、エラーが発生し強制終了してしまう件について調査する予定です。