株式会社 国建システム header image 1
株式会社 国建システム

システム、ソフトウェア、Webアプリケーション、IT技術とサービスで沖縄に貢献

SQLServer2008
第1回 JDBCドライバ接続


SQLServer2008を試用する機会があったので、Microsoft社から提供されているJDBCドライバで接続できるか検証を行った。


使用したドライバは以下の2つとなっている。

JDBCドライバ 提供時期
Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.0 2006/05/23
Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.2 2007/12/19




1.「Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.0」で接続検証

結果:エラーが発生

2008-06-20 10:35:23,534: FATAL: ConnectionAllocator: failed to allocate a new connection
The connection pool is empty!
com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerException: サーバーのバージョンがサポートされていません。対象サーバーは SQL Server 2000 以降である必要があります。Error code: 0
SQLState: 08S01
Current pool size is: 0
Maximum configured pool size is now 30
Continuing…
Data Object Error: サーバーのバージョンがサポートされていません。対象サーバーは SQL Server 2000 以降である必要があります。

2.「Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.2」で接続検証

結果:接続OK

SQLServer2008用のJDBCドライバーについて、Microsoft社のサイトには提供予定の情報はまだ掲載されていない。
最新のJDBCドライバはSQLServer2005用のver1.2までとなっている。




「Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.2」を使用することで、SQLServer2008へ接続できることは確認できた。
しかし、更新処理などは確認を行っていない。また、正式なドライバのリリースについても情報がないようなので、
今回はSQLServer2008を開発に導入することは見送ることにした。